本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 人権シンポジウム

人権シンポジウム

人権シンポジウムin広島「外国人と人権~違いを認め合う共生社会をめざして~」開催のお知らせ

 2016年における外国人入国者数は約2,300万人、同年末における在留外国人数は約238万人で、いずれも過去最高を記録しました。2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されることから、外国人と接する機会はより一層増えることが見込まれます。
 その一方で、言語や文化、宗教、慣習等の違いによって、差別やいじめなど外国人をめぐるさまざまな人権問題が発生しています。異文化間の相互理解を深め、外国人を含むすべての人々の人権を尊重する社会を築くことは,2015年9月に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)が掲げる理念である「誰一人取り残さない」社会の実現の観点からも重要です。そこで、本シンポジウムでは、外国人への支援や多文化共生に関する取組を行う専門家を迎え、日本人と外国人がお互いに「違い」を理解し、尊重し合うために何が必要なのかを考えます。
 皆様の御来場をお待ちしています。

■日時
平成30年1月27日(土)13:30~17:00(開場12:30)
■会場
広島国際会議場・国際会議ホール「ヒマワリ」
(広島県広島市中区中島町1-5 平和記念公園内)
■主催
法務省/全国人権擁護委員連合会/広島法務局/広島県人権擁護委員連合会/公益財団法人人権教育啓発推進センター
■その他
参加無料,事前申込制/先着順(定員200名)
【事前申込締切日 平成30年1月26日(金) 15:00まで】
※空席がある場合は,当日の入場も可能です。

プログラム


「人権シンポジウムin広島」チラシ
■トークショー
 サニー・フランシス氏(タレント・ラジオパーソナリティ)
■シンポジウム
◎コーディネーター
 田村太郎氏(一般財団法人ダイバーシティ研究所代表理事)
◎パネリスト
 栗林克行氏(市民グループええじゃん(Asian)代表)
 上田カテリーナ氏(カテリーナ英会話教室代表)
  林隆春氏(株式会社アバンセコーポレーション代表)
 

問合せ・参加申込先

FAX,Eメール又は郵便により,【公益財団法人人権教育啓発推進センター「人権シンポジウムin広島」事務局】までお申し込みください。詳しくは,チラシ裏面の参加申込用紙をご覧ください。
「人権シンポジウムin広島」チラシ・参加申込用紙[PDF]

◆公益財団法人人権教育啓発推進センター「人権シンポジウムin広島」事務局(http://www.jinken.or.jp/archives/13772
【FAX】03-5777-1803
【Eメール】sympo2017@jinken.or.jp
【郵便】〒105-0012 東京都港区芝大門2-10 12芝大門ビル4F


平成29年度における実施状況はこちらをご覧ください。

平成28年度における実施状況はこちらをご覧ください。

平成27年度における実施状況はこちらをご覧ください。

平成26年度における実施状況はこちらをご覧ください。
 

ページトップへ