本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 啓発活動 > ハンセン病に関するシンポジウム

ハンセン病に関するシンポジウム

ハンセン病回復者に対する偏見・差別の解消及びハンセン病に対する正しい知識の普及啓発を目的として、平成17年度からハンセン病に関するシンポジウムを開催しています。

開催予定

「ハンセン病に関する親と子のシンポジウム~世界人権宣言70周年を機に考える~」(青森会場)

 ハンセン病への誤った知識や偏見等により,日常生活で差別が行われるようなことがってはなりません。世界人権宣言が採択されてから70周年を迎えるこの機会に,ハンセン病患者・回復者等に対する偏見・差別の解消を目指し,ハンセン病を正しく理解していただくため,ハンセン病患者・回復者等の人権について,親子で共に考えていく「親と子のシンポジウム」を開催します。
 皆様の御来場をお待ちしています。お申込みはこちらをご覧ください。

■日時
平成30年7月21日(土)13:30~16:20(開場12:30)
■会場
青森公立大学講堂 (青森公立大学地域連携センターのホームページへリンクします)
(青森県青森市大字合子沢字山崎153-4)
■主催
法務省/厚生労働省/全国人権擁護委員連合会/青森地方法務局/青森県人権擁護委員連合会/公益財団法人人権教育啓発推進センター
■その他
参加無料,事前申込制/先着順(定員450名)
  ※お申込みはこちら
【事前申込締切日 平成30年7月20日(金)】

プログラム
■基調講演
 石川 勝夫 氏(国立療養所松丘保養園入所者自治会 会長)
■パネルディスカッション
◎パネリスト/地元の中学生,高校生,教員(3名)
◎コメンテーター
 石川 勝夫 氏(国立療養所松丘保養園入所者自治会 会長)
 田中 志子 氏(青森大学社会学科長,社会福祉士)
◎コーディネーター
 横田 洋三 氏(公益財団法人人権教育啓発推進センター 理事長)
■合唱
 青森市立新城中学校の皆さん
■トークショー
 蝶野 正洋 氏(プロレスラー,一般社団法人NWHスポーツ救命協会代表理事)
 横田 洋三 氏(公益財団法人人権教育啓発推進センター 理事長)

            

申込方法

申込方法
1.参加申込書(チラシの裏面)に必要事項をご記入ください。
  「ハンセン病に関する親と子のシンポジウム」参加申込用紙[PDF]
    または,(1)企業名(任意),(2)お名前,(3)電話番号,(4)FAX番号(任意),(5)Eメールアドレス,(6)住所、(7)人権教育啓発推進センターからの情報提供の可否を適宜の様式にご記入ください。
2.Eメール,FAX又は郵便により,「公益財団法人人権教育啓発推進センター「ハンセン病に関する親と子のシンポジウム」事務局」までお申し込みください。
 【Eメール】hansen2018@jinken.or.jp
    ※タイトルにハンセン病に関する親と子のシンポジウムへの参加申込であることを明記してください。
 【FAX】03-5777-1803
 【郵便】〒105-0012 東京都港区芝大門2-10 12芝大門ビル4F
3.2週間以内にEメール又はFAX等で入場券をお送りします。


お申込み・お問合せ先
「公益財団法人人権教育啓発推進センター「ハンセン病に関する親と子のシンポジウム」事務局」(公益財団法人人権教育啓発推進センターのホームページへリンクします。)
【Eメール】hansen2018@jinken.or.jp
【FAX】03-5777-1803
【郵便】〒105-0012 東京都港区芝大門2-10 12芝大門ビル4F

過去の結果

平成26年度
 
平成27年度

平成28年度

平成29年度

     
    パネルディスカッションの様子                    トークショーの様子

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2014年10月時点のものです。

ページトップへ