本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 「女子刑務所のあり方研究委員会」から上川法務大臣へ「要望書」が提出されました(平成29年12月15日(金))

「女子刑務所のあり方研究委員会」から上川法務大臣へ「要望書」が提出されました(平成29年12月15日(金))

 平成29年12月15日(金),「女子刑務所のあり方研究委員会」から,女子受刑者の特性に応じた再犯防止対策として今後取り組むべき事項・課題をまとめた「要望書」(PDF)が上川法務大臣へ提出され,その後,同委員会委員長の堂本暁子氏,同委員の田島良昭氏,小畑輝海氏及び鈴木眞理氏から要望書の説明がありました。

「女子刑務所のあり方研究委員会」委員から要望書の提出を受けた上川法務大臣
(左から,小畑輝海委員(更生保護法人両全会理事長),
堂本暁子委員長(前千葉県知事,女性と健康ネットワーク代表),
上川法務大臣,田島良昭委員(社会福祉法人南高愛隣会顧問),
鈴木眞理委員(政策研究大学院大学保健管理センター教授)
 「女子刑務所のあり方研究委員会」は,平成25年2月に堂本暁子氏を始めとした学識経験者,医療関係者等の幅広い分野の方々によって立ち上げられ,これまでに女子刑務所の視察,女子刑務所に関する研究会の開催,関係団体・関係機関に対する協力依頼,法務大臣に対する要望活動などを行っています。
 平成25年3月に,「女子刑務所のあり方研究委員会」から女子刑務所が地域の医療・福祉関係団体や人材の協力・支援を得られる枠組みをつくるべきという御提言を受けたところ,法務省としては,平成26年度から,地域の医療・福祉等の専門家の協力を得ながら女子受刑者特有の問題に着目した処遇を行う「女子施設地域支援モデル事業」を開始し,本年度からは「女子施設地域連携事業」として本事業化し,女子刑務所9庁において実施しています。
 こうした取組は,「再犯防止推進計画」(平成29年12月15日閣議決定)に掲げられた「特性に応じた効果的な指導の充実」の実現に向けた施策の一つでもあります。
 今回提出された「要望書」では,再犯防止対策として矯正施設内から地域社会まで一貫した支援体制の整備・充実のために,(1)女子施設地域連携事業の改善・拡大の推進,(2)薬物依存者に対する回復システムの構築,(3)地方公共団体における住民への再犯防止に関する啓発・周知及び地方再犯防止推進計画の策定についての検討等が掲げられています。
 上川法務大臣からは,「再犯防止対策については,厚生労働省を始めとした他省庁と組織的な連携体制の構築を進めている。2020年に京都で開催されるコングレス(国際連合犯罪防止刑事司法会議)においても再犯防止対策は重要なテーマの一つとなっており,引き続き積極的に取り組んでまいりたい。」との発言がありました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2014年10月時点のものです。

ページトップへ