本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 第69回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~中央推進委員会会議が開催されました(平成31年1月29日(火))。

第69回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~中央推進委員会会議が開催されました(平成31年1月29日(火))。

 平成31年1月29日(火),第69回“社会を明るくする運動”中央推進委員会会議が,法務省幹部のほか同運動中央推進委員会を構成する中央府省庁の代表及び民間機関・団体の代表の出席の下,法務省において開催されました。
 開催に当たって,中央推進委員会委員長である法務大臣の挨拶を辻裕教事務次官が代読しました。会議では,座長に選出された更生保護法人全国保護司連盟の小林聖仁副理事長の進行の下,第68回運動の実施結果報告が行われた後,第69回運動の活動方針となる実施要綱及び中央実施行事(PDF)が提案され,協議の結果,承認されました。
 

法務大臣挨拶(辻事務次官代読)の様子

更生保護法人全国保護司連盟・小林聖仁副理事長

第68回“社会を明るくする運動”の取組報告について

 本会議では,お二人の出席者の方から,本運動への取組を報告していただきました。
 中央推進委員会構成団体である一般社団法人日本臨床心理士会会長・津川律子様からは,「更生保護出張講座」等を通じた“社会を明るくする運動”への協力について発表いただきました。
 

取組状況の発表

一般社団法人日本臨床心理士会会長・津川様
 国立大学法人東京藝術大学美術学部工芸科鍛金研究室准教授・丸山智巳様からは,第68回運動の一環として,主に地域の小学生と保護者を対象に行われた鍛金(スプーン制作)のワークショップについて発表を行っていただきました。

国立大学法人東京藝術大学美術学部工芸科鍛金研究室准教授・丸山様

第69回“社会を明るくする運動”中央行事の展開について

全国矯正展,東京都内における広報啓発行事,小中学生を対象とした作文コンテスト,などの各種取組を昨年に引き続き実施いたします。また,第69回では,国立大学法人東京藝術大学の協力のもと,新たに中央行事としてスプーン制作等のワークショップを実施いたします。
本年も官民一体となった“社会を明るくする運動”の一層の推進をよろしくお願いします。
 
<関連リンク>
第69回“社会を明るくする運動”実施要綱及び中央実施行事(PDF)
・第68回“社会を明るくする運動”スポットCM(15秒)(YouTubeのサイトへリンクします)
・第68回“社会を明るくする運動”中央行事「立ち直りフェスティバル」(平成30年7月2日)
・第68回“社会を明るくする運動”作文コンテストについて
・第60回全国矯正展(全国刑務所作業製品展示即売会)
・再犯防止対策
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2014年10月時点のものです。

ページトップへ