本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > “社会を明るくする運動”フラッグアーティストである谷村新司氏に山下法務大臣から特別感謝状が贈呈されました(平成31年4月24日)。

“社会を明るくする運動”フラッグアーティストである谷村新司氏に山下法務大臣から特別感謝状が贈呈されました(平成31年4月24日)。


贈呈式の様子
 平成31年4月24日(水),法務省において,“社会を明るくする運動”フラッグアーティストである谷村新司氏に対する法務大臣特別感謝状贈呈式が行われました。
 谷村新司氏は,法務省主唱の“社会を明るくする運動”の趣旨に深く共感され,平成21年の本運動広報ポスターに出演されたことを皮切りに,平成22年からは本運動フラッグアーティストとして,街行く人に直接語りかけたり,本運動応援ソング「咲きほこる花のように」を製作されるなどして,多くの方々に本運動の趣旨を伝えてくださっております。また,平成27年からは「こころをつなぐプロジェクト」として,更生保護施設など日本各地の更生に励む人たちやそれを支える更生保護ボランティアのもとを訪れ,直接エールを送る活動を展開してくださっております。 

山下法務大臣と谷村新司氏との対談の様子
 谷村氏と山下法務大臣は,「人は変われる。一緒なら。」というタイトルの谷村氏のポスターをはさんで対談し,犯罪や非行をした人の立ち直りには,誰もがお互いに支え合い励まし合える社会づくりが大切であることや,そのための“社会を明るくする運動”の重要性などについて熱く語り合いました。
 谷村氏が「これまで多くの保護司などの更生保護ボランティアの方々と現場でお会いしましたが,皆さん本当に“素敵な大人”と言える人ばかりで,私もそうありたいと思いました。」と述べると,山下法務大臣は,「それは本当にうれしい言葉です。私も含めて多くの人が谷村さんの歌や行動に励まされ,勇気づけられてきました。」と述べて,谷村氏に引き続き“社会を明るくする運動”を応援してくださるようお願いしました。
 
 この対談の様子は,「更生保護」誌に掲載される予定です。
 
(関連リンク)
・第69回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~
  http://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo06.html
・“社会を明るくする運動”フラッグアーティスト谷村新司さんについて
  http://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo03_00024.html
ページトップへ