本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成30年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成30年3月30日(金)

 本日の閣議においては,法務省案件はありませんでした。
 日系四世の更なる受入れ制度について,本日,制度創設のための告示の改正を官報掲載により行いました。本制度の施行は7月1日を予定しています。本制度は,日系四世の若者を受け入れ,日本文化を習得する活動等を通じて日本に対する理解や関心を深めていただき,もって,日本と外国の日系人社会との結付きを強める架け橋になる人材を育成することを目的としています。本制度の特徴としては,入国時などに一定の日本語要件を課していることのほか,日系四世の方が日本での生活に困らないよう,日系四世の方をサポートする「日系四世受入れサポーター」を設け,生活相談などに対応できるようにしている点等があります。法務省としては,本日の制度の公表後,制度の周知に努めるとともに,サポーターとなっていただける方の確保など,施行に向けその準備に取り組んでいきたいと考えています。本制度の創設により,我が国を祖国とすることに誇りを持ち,また,我が国に憧れを持つ日系四世の方が一人でも多く我が国を訪れることを期待しています。

日経四世の更なる受入れ制度の公表に関する質疑について

【記者】
 サポーターに対する公的支援などは今のところお考えでしょうか。それとも無償のボランティアという位置付けでずっと続けていくのでしょうか。

【大臣】
 今回の新たなサポーター制度はボランティアという位置付けです。日系四世受入れサポーターを通して,日系四世の受入れそのものがスムーズに行われるよう,適切な支援を無償で行うことが求められており,本趣旨に御理解をいただける方々にお力を最大限発揮していただくことができるように働きかけてまいりたいと思います。これから制度の周知に努めるとともに,サポーターの募集を始め,全国各地でそうした交流の架け橋になる方たちのつながりを深めていただくべく,様々な声かけをしてまいりたいと思っています。
(以上)
ページトップへ