本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > トピックス > 法教育

法教育


生きるチカラ!法教育
 法教育とは,法律専門家ではない一般の人々が,法や司法制度,これらの基礎になっている価値を理解し,法的なものの考え方を身につけるための教育です。
 2016年の選挙権年齢の引下げや2022年4月に実施される成年年齢の引下げ等に伴い,法教育の必要性は近年ますます高まっています。
 法務省では,法教育に関する様々な取組を推進しています。

  法教育PR動画「生きるチカラ!法教育」はこちら↓  ※動画のリンク先は,YouTube法務省チャンネルです。

法教育推進のための検討体制

 裁判員制度をはじめとする各種司法制度改革の成果を国民に身近なものとするため,広く国民の皆様に対して法教育を普及するための施策に取り組む必要があることから,法務省では,平成17年5月,法教育推進協議会を発足させ,法教育研究会の報告書の趣旨を踏まえつつ,法教育をどのように推進していくかなどについて,多角的な視点から検討しています。

  法教育推進協議会(平成17年5月~)
  法教育研究会(平成15年9月~平成16年10月)

法教育に関する教材・授業

法教育に関する教材

 法教育の具体的内容及びその実践方法をより分かりやすくするため,法教育に関する各種教材を作成しています。
 各学校等における授業のほか,教員研修,教員養成課程など,様々な場面での法教育の取組にご活用ください。

  小学生を対象とした教材   
  中学生を対象とした教材   
  高校生を対象とした教材

 
※高校生を対象とした教材「未来を切り拓く法教育」が,公益財団法人消費者教育センターが主催する「消費者教育教材資料表彰2019」の優秀賞を受賞しました。

 〔参考〕   
  私法分野教育の充実と法教育の更なる発展に向けて(平成21年5月15日法教育推進協議会)[PDF]
  小学生を対象とした法教育教材例の作成について(平成21年8月26日法教育推進協議会)[PDF]

法教育授業の講師派遣

 学校等からの依頼に応じて,法務省職員を派遣し,小・中学生及び高校生を対象として授業を行っています。

  授業の概要及び申し込み方法

  日本女子大学において法教育の講義を実施しました!!

法教育マスコットキャラクター

 法教育を身近に感じていただけるよう,公募により「ホウリス君」が法教育マスコットキャラクターに選定されました。名前の由来は,ホウリツ(法律)とリスを合わせたものです。「ホウリス君」は法教育教材等において活躍しています。

 法教育マスコットキャラクターの投票結果については,こちらをご覧下さい。
 法教育マスコットキャラクター法務大臣表彰式については,こちらをご覧下さい。

その他

調査研究

法教育推進プロジェクト

  平成23年度から,順次,小・中学校,高等学校の各教育課程において,法教育の充実が図られていることから,特定の地域内の学校を中心に,広く法教育の推進・発展を図るために,関係機関が協力して法教育に取り組んでいます。

  岐阜法教育推進プロジェクトについて(法教育フォーラムウェブサイトへ)
  京都法教育推進プロジェクトについて

広報活動

 法教育懸賞論文コンクール

 法教育推進協議会では,法教育の更なる充実・発展のために,広く法教育への理解・関心を高めることが特に重要であるとの観点から,関係団体等と共に法教育に関する論文の募集を行いました(論文の募集は,平成25年度をもって終了しました。)。  

 平成25年度:入賞作品
 平成24年度:入賞作品
 平成23年度:入賞作品
 平成22年度:入賞作品

 映画「ソロモンの偽証」と連携したポスターの作成について

  松竹株式会社の協力を得て,映画「ソロモンの偽証」と連携したポスターを作成しました。
  詳しくは,こちらを御覧ください。

関係リンク集

 司法制度改革推進審議会意見書(首相官邸ホームページへ)
 司法制度改革推進計画(首相官邸ホームページへ)
 新しい時代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画の在り方について(文部科学省ホームページへ)
 日本弁護士連合会-法教育(市民のための法教育委員会)-ホームページへ
 日本司法書士会連合会-法教育-ホームページへ
 公益社団法人商事法務研究会-法教育フォーラム-ホームページへ
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年4月時点のものです。

ページトップへ