本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 法務総合研究所フロントページ > 研究部報告 > 研究部報告 > 研究部報告58

研究部報告58

青少年の立ち直り(デシスタンス)に関する研究

はしがき・要旨紹介・目次     PDFを開く    ダウンロード

第1章  はじめに   PDFを開く    ダウンロード
   1 本調査研究の意義
   2 本報告書の構成

第2章  非行・犯罪からの立ち直りに関する先行研究    PDFを開く     ダウンロード
   1  デシスタンス研究に至る流れ
   2  主要なデシスタンス研究
   3  我が国のデシスタンス研究
   4  デシスタンス研究における課題
   参考文献

第3章 成行き調査       PDFを開く   ダウンロード
 第1節  調査の概要
    1  調査対象者
    2  調査方法
 第2節  調査の結果
    1  調査対象者の特徴
    2  再入院等の状況
    3  属性等別の再入院等の状況
    4  再入院・刑事施設入所状況と関連する要因
  第3節 まとめ
    1 少年院出院者の再入院・刑事施設入所状況
    2 再入院等までの期間
    3 再入院・刑事施設入所状況と関連する要因

第4章  質問紙調査    PDFを開く    ダウンロード
   第1節  少年院出院者を対象とした調査
    1  調査対象者及び方法
    2  調査内容
    3  調査の結果
 第2節  一般青少年との比較
    1  調査対象者及び方法
    2  調査内容
    3   調査の結果
 第3節  まとめ
    1  生活習慣
    2  生活形態
    3  対人関係
    4  心理的特徴
    5   一般青少年との比較
    参考文献

第5章  面接調査    PDFを開く    ダウンロード
 第1節  調査の概要
    1  調査の方法
    2  分析の方法
    3  面接対象者の基本的属性
    4  本章の構成
    参考文献
 第2節  調査の結果─立ち直りの過程にある者の語りの傾向─
    1  平成26年度面接調査の回答状況
    2  平成28年度面接調査の回答状況
 第3節  調査の結果─再入院群との比較から見るデシスタンス群の特徴─
    1  最高の経験
    2  最低の経験
    3  転換点
    4   出院後大変だったこと
    5   出院後うれしかったこと
    6  影響を与えた出会い
    7   興味を持っていること
    8   将来に向けての夢,希望,計画
 第4節 調査の結果─平成26年度及び28年度面接調査の比較から見るデシスタンス群の特徴─
    1  最高の経験
    2  最低の経験
    3  転換点
    4   出院後大変だったこと
    5   出院後うれしかったこと
    6  影響を与えた出会い
    7   興味を持っていること
    8   将来に向けての夢,希望,計画
 第5節 まとめ
    1 回答内容の概要と分析
    2 処遇上のインプリケーション

第6章 まとめ    PDFを開く    ダウンロード
   1 介入のタイミング
   2 個別の属性・特徴と処遇の在り方
   3 生活状況と心理的な特徴
   4 親密な対人関係と社会的役割の達成
   5 内的な成長とそれを促す処遇
   6 今後の課題
   参考文献

寄稿      PDFを開く    ダウンロード

一括ダウンロード(全体ダウンロード)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

この記事に関する問い合わせ先

〒279-0013
  千葉県浦安市日の出2丁目1番16号 法務省浦安総合センター内
  法務総合研究所研究部
  電話047-382-1013 FAX047-382-1014
ページトップへ