本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 第14回国際連合犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス) > 参議院法務委員会委員による京都視察が行われました。(平成31年2月18日,19日)

参議院法務委員会委員による京都視察が行われました。(平成31年2月18日,19日)

 平成31年2月18日(月),19日(火),法務及び司法行政等に関する実情調査のため,参議院法務委員会による京都への委員派遣が実施されました。京都コングレスに関する視察は以下のとおりです。

国立京都国際会館の視察


  • 意見交換の様子

  • 視察の様子

 国立京都国際会館では,京都実行委員会委員及び関係者らとの間で,会議の成功に向けた取組について,意見交換が行われました。  また,京都コングレスの主会場となるメインホールやイベントホール,ニューホールなどの視察が行われました。

京都刑務所の視察


  • 京都刑務所の視察の様子

  • 京都刑務所での意見交換の様子

 京都刑務所では,京都コングレスの記念品として検討されている刑務所作業製品等について職員から説明しました。  また,京都刑務所職員らとの間で,再犯防止の取組などについて意見交換が行われました。

京都保護観察所の視察


  • 京都保護観察所での意見交換の様子(1)

  • 京都保護観察所での意見交換の様子(2)

  京都保護観察所では,京都コングレスでも協力いただく保護司,更生保護女性会員,更生保護施設職員,協力雇用主,BBS会員等の民間協力者の方々から,犯罪をした人や非行少年等の立ち直りのための活動や京都コングレスで発信したいことについての話があった後に,意見交換が行われました。

ページトップへ