本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 資格・採用情報 > 法務省専門職員(人間科学)採用試験 > 法務教官区分,法務教官区分(社会人)

法務教官区分,法務教官区分(社会人)


加古川学園

◇ 法務教官とは
◇ 給与・諸手当
◇ 勤務時間・休暇
◇ 勤務地・制服・宿舎
◇ 研修・昇進
◇ 福利・厚生
◇ 先輩職員からのメッセージ




 法務教官は,少年院少年鑑別所などに勤務する専門職員です。
 幅広い視野と専門的な知識をもって,少年たちの個性や能力を伸ばし,健全な社会人として社会復帰させるために,きめ細かい指導・教育を行っています。

 また,刑事施設(刑務所,少年刑務所及び拘置所)に勤務し,受刑者の改善指導等に携わる道も開かれており,性犯罪や薬物依存などに関わる問題性に働きかける指導のほか,就労支援指導や教科指導等を行っています。


 

    ◆ 法務教官とは 

 
1 少年院に勤務した場合

  少年院は,家庭裁判所から保護処分として送致された少年を収容し,更生のための専門的な教育を行う施設です。

  少年院では,健全なものの見方や考え方などを指導する生活指導,基礎学力を付与する教科指導,職業生活に必要な知識・技能を習得させる職業指導などの矯正教育を行うとともに,関係機関との連携の下,出院後の生活環境の調整,修学に向けた支援や就労支援等の円滑な社会復帰につなげるための支援を行います。




2 少年鑑別所に勤務した場合
 
  少年鑑別所は,主に家庭裁判所の観護措置決定によって送致された少年を収容し,非行の原因の解明や処遇方針の策定のための調査を行う施設です。

  少年鑑別所では,少年の心情の安定を図りつつ,面接や行動観察を実施し,法務技官(心理)と協力して,少年の問題性やその改善の可能性を科学的に探り,家庭裁判所の審判や,少年院・保護観察所等における指導に活用される資料を提供します。
  また,少年の健全な育成を考慮して,本人の希望を踏まえた上で,学習の支援,一般的な教養の付与,情操のかん養などの働き掛けを行っています。


 

 
 

  ◆ 給与・諸手当 


 少年院・少年鑑別所に勤務する法務教官には,一般の国家公務員に適用される行政職俸給表(一)に比べて12%程度給与水準の高い公安職俸給表(二)(平成28年度現在,東京都特別区内に勤務する場合の初任給の例は,243,000円)が適用されます。
 このほかに,各種手当(扶養手当,住居手当,通勤手当,期末・勤勉手当,超過勤務手当等)が支給されます。

  ◆ 勤務時間・休暇 


   1週当たりの勤務時間は,38時間45分(週休2日制)であり,主として交替制勤務(昼間勤務と昼夜間勤務があります。)に従事します。
  休暇制度としては,年次休暇(年間20日間)のほかに病気休暇,特別休暇(夏季休暇,結婚・出産に伴う休暇等)及び介護休暇の制度が設けられています。
 

  ◆ 勤務地・制服・宿舎 


  勤務地等については,本人の希望を考慮して決定しており,原則として採用施設を所管する矯正管区の管轄地域内で異動します。
  制服が定期的に貸与されます。
  宿舎は,勤務庁の近隣に設けられており,公安職俸給表適用職員の特例により,宿舎費は原則として無料となります。
 

  ◆ 研修・昇進  


  採用1年目に新採用職員を対象とした基礎科研修,5年目には専門性を向上させるための応用科研修を矯正研修所支所で行います。
  また,幹部職員となるための高等科研修や教育方法等に関する種々の専門研修のほか,海外・国内留学の制度などが設けられています。
  昇任については,能力主義の人事管理を行っており,採用後おおむね5年目に専門官に昇任し,その後は統括専門官(課長相当),首席専門官,施設長等に昇任する道も開かれています。
 

  ◆ 福利・厚生 


   国家公務員は,国家公務員等共済組合に加入することとなり,組合員として,病気,負傷,出産等に関連した各種の給付を受けることができます。
  また,退職,高度障害,死亡した場合には,共済年金制度の適用を受けることができます。
  その他,疾病の予防と人間ドック受検,臨時の出費等に対する資金の貸付け,貯金及び保険事業など,組合員とその家族の方々が健康で明るい豊かな生活ができるよう,様々な制度・事業があります。

 

 

  ◆ 先輩職員からのメッセージ 


 髙田 桂佑  (岡山少年院・平成22年度採用)

  法務教官として数年間の勤務を経て思うことは,この仕事は,専門性やチームワークを生かして少年を指導するだけでなく,少年と共に成長していく仕事であるということです。
  少年に指導することは大切なことですが,ふだんから約束を守ることや,こまめに対応することはより重要です。少年は,職員が投げ掛ける言葉だけでなく,職員のふだんの行動をよく見ています。そのため,私自身が手本になれるように“率先垂範”を目指して,行動しています。実践することは非常に難しく,思うようにいかないこともありますが,失敗を恐れず,何ごとにもチャレンジしていくことが,少年を指導できるようになる道筋ではないかと考えています。最初から何でもできる人はいません。できないことにチャレンジして,できるようになることが大切であり,それこそが,少年と共に成長していく仕事であると感じています。
  “人が変わる”ということはたやすいことではありません。時間もきっかけも必要です。だからこそ,少年が社会で新たな一歩を踏み出せるように,真摯に向き合って,改善更生への道を共に探していきたいです。



 

 
 星野 理紗  (榛名女子学園・平成22年度採用)

  高校時代から憧れていた法務教官になり,数年が経った今でも,この仕事を選んで良かったと胸を張って言えるほど,やりがいのある仕事です。
  働き始めた当初は,少年から反発されることも多く,この仕事の難しさを感じていました。法務教官として,厳しく指導しなければならない,そういった義務的な働き掛けでは,少年の心は動くはずもなく,自分の気持ちを理解しない相手の言うことなど受け入れられないのは当然です。人の心は見えないからこそ,相手をよく見て,感じ,そしてまっすぐに伝えなければならない,そのことに気付いてからは,肩の力が抜け,判断に困ったときは心に聞くようにしています。何が正しいのか,本当に大切なことは,心が知っています。それは,少年たちも同じです。良いことも悪いことも,最初は素直に反応ができなくても,いつかはちゃんと分かってくれると信じ,時には厳しく,時には一緒に涙を流し,熱い気持ちで何度も向き合い,伝えることを諦めないようにしています。心と心でぶつかり合う作業は,決して楽とは言えませんが,全力で向き合って,全力で返ってきたときの喜びは何物にも代えられない,やりがいです。


 
ページトップへ