本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 外局 > 出入国在留管理庁 > 【注意】出入国在留管理庁を騙る不審な文書について

【注意】出入国在留管理庁を騙る不審な文書について

 「出入国在留管理庁」を装い,中華料理店宛て,訪問調査の実施を予告する文書がインターネット上で広がっているようです。
 当庁においては,そのような文書を発出しておりません。今後,同文書に基づいて,当庁の職員を名乗り連絡,訪問をしてくる可能性もありますので,御注意願います。
 不審な連絡等があれば最寄りの出入国在留管理局にお問い合わせください。

【該当文書の概要(※以下は,当庁が入手した文面のまま)】

○宛名
 中華料理店経営者各位
○文書発出元
 出入国在留管理庁(旧入国管理局)
 就労審査第一部門
 03-●●●●-●●●●(実在する電話番号を記載)
○件名
 訪問調査ご協力のお願い
○本文内容
 2019年4月1日より、改正出入国管理法が施行されたことに伴い、現状調査を実施すことになりました。
 2019年6月1日より全国の中華料理店を当局職員が順次訪問し調査させていただきます。大変お手数をおかけしますが、ご協力の程よろしくお願い致します。
ページトップへ